純炭粉末

高血糖・高血圧で腎臓の細い血管の動脈硬化が進むと、腎機能は低下し回復は困難になりますが、 食品中の糖化合物、腸内の毒素を吸着・排除して、動脈硬化を防止する『純炭粉末』が、腎機能低下を抑えると話題になっています!!


■糖化

糖とタンパク質が結びついた悪玉物質が体内に増加すると、血管の老化が加速する

最近、肌の老化の原因として「糖化」 に注目が集まっています。糖化はテレビや雑誌でも取り上げられているので、聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか。 糖化は肌の老化だけではなく、腎臓や血管といった体のあらゆる組織・器官の老化の「元凶」でもあるのです。 糖化とは、糖とタンパク質が結びつくことによって悪玉物質が作られることです。 特に問題となるのは「AGE(終末糖化産物)」と呼ばれる物質です。ではAGEについてご説明しましょう。

血液中に含まれるブドウ糖がタンパク質と結びつくと、一部が変質した物質(アマドリ化合物)に置き換わります。 そこへ糖が付着することで反応が進み、最終的にできるのがAGEです。 たんぱく質が砂糖漬けの状態になっていると考えてもいいでしょう。AGEは一度作られると分解されることはありません。 糖とタンパク質の結合を「糖化反応(メイラード反応)」といいます。 体内で行われる分解や合成などの化学反応は通常、酸素の助けを借りて成り立っています。 しかし、糖化反応は酵素を介さずに行われ、最終的にAGEに変質します。
一方、体の細胞膜の表面には、AGEと結合するRAGEという受容体(鍵穴の働きをする小器官)が存在します。 血液中にAGEが増えると、ARGEも増加することがわかっています。 血液中のAGEがRAGEにとらえられると、酸化(酸化力の強い活性酸素が物質と結びつく化学反応)や炎症を引き起こし、 組織がダメージを受けます。AGEは、コラーゲンやエラスチンによく取りつくこともわかっています。 コラーゲンは私たちの体にあるたんぱく質の約30%を占め、血管壁や皮膚、骨などの組織も主にコラーゲンで構成されています。 コラーゲン線維は規則的な網目状に結び付き(生理的架橋という)、その隙間をエラスチンが埋めて組織に弾力性を与えています。 ところが、コラーゲンやエラスチンがAGEに取りつかれると、コラーゲンの結びつきが壊れて硬くなってしまいます。 その結果、動脈硬化が起こってくるのです。


●腎臓には毛細血管が集まり、動脈硬化が起こると腎臓の血液を濾過する機能が低下

体の組織の中でも細い血管ほどAGEに冒されやすいことが、これまでの多くの研究でわかっています。 腎臓には、実にたくさんの毛細血管が集まっています。腎臓は、毛細血管が糸玉のようになった「糸球体」 という部分で血液を濾過し、血液中にたまった老廃物や毒素を尿として排泄します。 毛細血管の塊のような腎臓は、AGEに取りつかれやすい器官の代表といっていいでしょう。 腎臓の糸球体は、AGEに冒されると弾力性を失って硬くなり、もろくなってしまいます。 つまり、動脈硬化が発生・進行するわけで、血液を十分に濾過できなくなります。 高血圧の状態が続けば、腎臓の細い血管で動脈硬化が一層進みやすくなります。 また、高血糖の状態が続けば、腎臓の細胞間にあるコラーゲンがAGE化されるため、構造の変化が起こります。 すると、腎臓そのものまで硬くなることがわかってきました。 慢性腎臓病(CKD)になると、 体内に余分な水分がたまって顔や手足がむくみ、体力が落ちてきます。 末期の腎臓病である腎不全(濾過機能が衰えて老廃物や毒素をほとんど排泄できない状態)まで進むと、 人工透析が必要になります。人工透析の中でも、機械を使って行う血液透析は、1回の所要時間が4〜5時間もかかり、 週に2〜3回受ける必要があるので、日常生活の自由度が低くなります。しかも透析を始めると、一生続けなければなりません。 腎不全の患者さんは、AGEが増えやすいこともわかっています。AGEは腎臓病の進行とともに増加して、さらに病状を悪化させる という悪循環さえ生むのです。慢性腎臓病の予防や改善には、高血圧や高血糖に注意することも大切ですが、 体内にAGEを増やさないことも必要だと、私は考えています。