慢性副鼻腔炎

『好酸球性副鼻腔炎』という、新しいタイプの副鼻腔炎が増えています。 生活の質を低下させないためにも、早目に耳鼻咽喉科を受診しましょう。


■副鼻腔炎とは?

鼻腔に起きた炎症が副鼻腔に及ぶ

鼻から息を吸ったり吐いたりするときに空気が通る道を、「鼻腔」といいます。 「副鼻腔」は、「自然口」という小さな穴で鼻腔とつながっている空洞で、頬、目と目の間、おでこの裏などの左右に4つずつ、合計8つあります。 ”鼻かぜ”などを引き金に、鼻腔に起きた炎症が副鼻腔に及んだものが、「副鼻腔炎」で、 これが3ヶ月以上続くと慢性副鼻腔炎と診断されます。

●2つのタイプ

慢性副鼻腔炎は、「好酸球性副鼻腔炎」「非好酸球性副鼻腔炎」の2つのタイプに分けることができます。 副鼻腔に膿がたまる、いわゆる”蓄膿症”が非好酸球性副鼻腔炎の代表例です。 かつてはこのタイプが副鼻腔炎のほとんどを占めていましたが、 1960年代以降、衛生環境の改善や、副鼻腔炎に効果の高い抗菌薬の普及などにより、 このタイプの副鼻腔炎は減少してきたと考えられています。
ところが最近は、これまでの抗菌薬では効果が見られない、新しいタイプの慢性副鼻腔炎が増えています。 これが好酸球性副鼻腔炎です。「好酸球」は白血球の一種で、アレルギー反応により体に炎症が起こると、 血中や炎症部分に増加することが知られています。好酸球性副鼻腔炎では、好酸球が血中、副鼻腔や気管支などの粘膜に増加します。


●好酸球性副鼻腔炎の特徴

ポリープが多発、嗅覚障害が早くから起こりやすい

◆主な原因

好酸球性副鼻腔炎と非好酸球性副鼻腔炎のどちらも、原因としてはウィルス、細菌、カビなどの感染が挙げられます。 好酸球性副鼻腔炎の場合は、そのほかにハウスダスト、ダニ、あるいはカビのアレルギーがあったり、 ウィルスと細菌の両者に感染するなどの複合的な原因によって、免疫が過敏な状態になると考えられています。 患者さんに喘息を併せ持つ人が多いのも、好酸球性副鼻腔炎の特徴といえます。

◆主な症状

どちらの副鼻腔炎でも、主な症状として「鼻水(鼻汁)、鼻詰まり、嗅覚障害」が挙げられます。 しかし、両者には次のような違いが見られます。
非好酸球性副鼻腔炎では、「緑色や黄色のドロドロした膿のような鼻水」ですが、 好酸球性副鼻腔炎では、「クリーム色でネバネバしたムチンという粘膜が主体の鼻水」です。 嗅覚障害は、非好酸球性副鼻腔炎では、症状が進行してから起こりますが、好酸球性副鼻腔炎では早い時期から起こりやすいのが特徴です。 鼻ポリープ(鼻茸)は、どちらの副鼻腔炎でも見られますが、好酸球性副鼻腔炎では、高い頻度でできることが知られています。 特に、早期から小さな鼻ポリープが鼻中の匂いを感じる部位にできやすいため、嗅覚障害が早い時期から起こりやすくなります。 また、好酸球性副鼻腔炎では、目と目の間にある副鼻腔に膿がたまることが多いため、「目が疲れる、頭重感、頭痛」などの症状が起こりやすくなります。 その他、喘息以外にも、中耳炎や気管支炎などの病気を合併することもよくあります。 慢性副鼻腔炎を放っておくと、鼻詰まりが重くなって鼻呼吸ができなくなり、「集中力や睡眠の質が低下する」など、 日常生活に悪影響を与えることになります。また、嗅覚障害が進むと、食べ物の風味がわからなくなるほか、 ガス漏れや食品の腐敗に気付かないなど、嗅覚を通して命を守る防衛機能が脅かされることにもつながります。

◆検査

副鼻腔炎の検査では、問診、画像検査、内視鏡検査、血液検査、嗅覚検査などが行われます。

▼問診
いつから、どんな症状が起こったかを詳しく聞きます。
▼画像検査
副鼻腔炎のタイプを知るために「エックス線検査」「CT(コンピュータ断層撮影)」などの画像検査が行われます。
▼内視鏡検査
鼻腔内に内視鏡を挿入し、鼻ポリープの有無などを調べます。
▼血液検査
ハウスダストやカビに対するアレルギーの有無を調べます。 好酸球性副鼻腔炎かどうかを確定するため、白血球中の好酸球が過剰に増えていないかどうかを調べます。
▼嗅覚検査
「基準嗅覚検査」「静脈性嗅覚検査」などが行われます。 基準嗅覚検査では、バラの花、納豆など異なる5種類の匂いを吸わせた試験紙を順番に嗅ぎます。 静脈性嗅覚検査は、ニンニク臭のあるビタミン剤を静脈に注射するもので、その臭いは血管や肺を経由し吐く息に現れます。 吐く息に含まれる臭いを感知するまでの時間と、持続時間を調べます。 嗅覚が低下しても、本人がなかなか気付かないことがよくあります。 もし自分の嗅覚が低下しているのではないかと感じたら、「においアンケート」でチェックしてみるのもよいでしょう。

鼻水や鼻詰まりがなかなか治らなかったり、嗅覚障害が疑われたりする場合は、耳鼻咽喉科を受診してください。