シトルリン

シトルリンは、 若返りホルモンといわれる成長ホルモンの分泌を促す作用や有害なアンモニアを尿素に変えて排出するのを促す作用、 タンパク質同化、細胞の再生、免疫力向上、 循環器系と肝臓のサポート力を向上、エネルギー生成のサポートなどの働きが期待できるといわれています。 また、一酸化窒素の放出に深く関わっています。一酸化窒素には、 血管を拡張させて血流を促し、冷え性・手足のむくみ・血色を改善するほか、 LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑えて 動脈硬化を防ぐ働きや疲労回復効果もあります。 また最近になって抗酸化力も発見されました。 シトルリンが、活性酸素により、 遺伝子本体のDNAが傷つくのを効率よく防ぐことが明らかになりました。


■「シトルリン」とは?

『シトルリン』とは、1930年にスイカの果汁から発見されたアミノ酸の仲間で、 スイカの学名である「シトラス・ブルガリス」から名づけられました。スイカだけでなくメロンやゴーヤー、ニンニクにも含まれます。 アミノ酸には、たんぱく質を構成する20種類のほかに、単独で体内を巡っている「遊離アミノ酸」があります。 シトルリンはこの遊離アミノ酸の一つで、体内で必要なときにすぐ働けることから、その作用が注目されています。


●シトルリンの働き

体内で吸収されたシトルリンのうち、75%は腎臓で 「アルギニン」に変わることがわかっています。 アルギニンは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、再びシトルリンに変換されるときに一酸化窒素を生成することも判明しました。 一酸化窒素には、血管を拡張させて血流を促すほか、 LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑えて 動脈硬化を防ぐ働きがあります。 アルギニンを摂取するよりも、シトルリンを摂取する方が、効率よく一酸化窒素を生み出すことができるといわれます。 アルギニンとシトルリンでは代謝の経路が異なり、シトルリンはただちに腎臓へ送られ、アルギニンとなって全身に行き渡るためです。 そのため、シトルリンを摂ると効率よく血流が改善して、 心筋梗塞脳梗塞の危険を減らすことができます。


シトルリンの血流改善効果を証明する試験結果も報告されています。 この試験では、45〜65歳の男女36人に、血流の改善によって症状が変化すると考えられる体の冷えや手足のむくみ、血色などの状態の聞き取り調査が行われました。 そして、36人を2つのグループに分け、一方にはシトルリンを1日に800ミリグラム、 もう一方には同じ量の偽薬(体に無害な偽者の薬)をそれぞれ3週間摂ってもらったのです。 その結果、シトルリンを摂ったグループは、偽薬を摂ったグループに比べて、「冷え性」の改善の度合いが2倍も高いことがわかりました。 「手足のむくみ」「血色」においても、改善の度合いが偽薬のグループより約1.5倍高く、 シトルリンの血流改善効果が確認されています。

シトルリンは、2007年8月から食品に添加することが許可され、日本でもサプリメントが発売されています。 1日の摂取目安量は800ミリグラムですが、これはスイカ1/7個分、メロンだと1.3個分になります。 冷えやむくみが不安な人は、サプリメントの活用も考えるとよいでしょう。