アミノ酸類

肉や魚に含まれているタンパク質は、からだの中で『アミノ酸』に分解され吸収されていきます。 アミノ酸は20種類あり、その組み合わせによって、筋肉や血液、ホルモンなどを作りからだを支えています。 アミノ酸はタンパク源となる食品によって含まれるアミノ酸の種類や量が違います。 健康を維持するには、各組織の材料となるアミノ酸を万遍なく摂り入れる必要があります。


■こんな方におススメ

  • ▼年齢とともに訪れる様々なお悩みに。
  • ▼疲れからの回復が遅くなった
  • ▼お肌のハリが気になる
  • ▼運動してもやせにくくなった(体脂肪に)
  • ▼髪やツメをつややかにしたい
  • ▼スポーツをしている方(筋肉量に)
  • ▼食事量が少ない

■アミノ酸

BCAA
『BCAA(分枝鎖アミノ酸)』は、必須アミノ酸のうち、 バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類のアミノ酸の総称で、 分岐鎖アミノ酸(Branched Chain Amino Acids)の頭文字をとってBCAAと呼ばれています。 筋タンパク質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めているといわれいるため、スポーツ愛好家のエネルギー源として、 またコンディションケアとして大人気。BCAAは、アスリートの方の筋力アップだけでなく、 疲労回復や肝臓が気になる人など、ふだんの生活を活動的に過ごしたい方にもお勧めの成分です。

リジン
『リジン』は必須アミノ酸の中でも最も不足しやすいアミノ酸と言われており、 不足した状態が続くと循環器や血管系、また神経系などに様々なトラブルが生じる原因となってしまいます。 長期にわたり不足状態が続くと肝機能が衰え、血中に飽和脂肪酸やコレステロールが増加する傾向にあります。 それに伴い集中力の低下やめまいが生じる原因ともなってしまいます。 L-リジンは成長に不可欠な必須アミノ酸で、体内では作れない必須アミノ酸です。 体内中のアルギニンレベルを正常にする補助をし、体の窒素バランスを正しく保ち免疫機能を高める働きもあります。 また、L-リジンの摂取により、様々な育毛剤の効果を増加させる働きが注目されています。

トリプトファン
昔から夜寝つけないときには、ホットミルクを飲むと寝つきがよくなるといわれています。 その理由として、牛乳に豊富に含まれる『トリプトファン』が 脳内でセロトニンという睡眠物質を作る原料であることが挙げられています。 すなわち、セロトニンはメラトニンという睡眠ホルモンの分泌を促すため、心地よい眠りを誘うことができるというものです。 そのことから、トリプトファンを含むサプリメントは「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「不安感やイライラがある」 といった睡眠に不安を持つ現代人には気になるアミノ酸です。

アルギニン
『アルギニン』は、尿素サイクルを構成するアミノ酸の一つで、 アルギニンのサプリメントは、若さを保つ、脂肪の燃焼を上げる、筋力を増す、免疫力を高めるなど、多くの機能があるとされています。

グリシン
『グリシン』はたんぱく質を構成するなかで最も単純なアミノ酸で、 肉類などの動物性食品に多く含まれています。美容や健康維持などで選ばれるグリシンは、 「充実した睡眠」を求める人からも注目されているアミノ酸です。

L−カルニチン
『L−カルニチン』は体脂肪燃焼に不可欠な栄養素で、 最大の特徴は、脂肪を筋肉細胞に積極的に取り込みエネルギー源として燃焼させる働きを持っていることです。 L-カルニチンは欧米ではすでに大人気のダイエットサプリメントです。

シトルリン
『シトルリン』は、若返りホルモンと言われる成長ホルモンの分泌を促す作用や 有害なアンモニアを尿素に変えて排出するのを促す作用、タンパク質同化、細胞の再生、免疫力、 循環器系と肝臓のサポート力を向上、エネルギー生成のサポートなどの働きが期待できると言われています。 また、一酸化窒素の放出に深く関わっています。一酸化窒素には、血管を拡張させて血流を促し、 冷え性・手足のむくみ・血色を改善するほか、LDL(悪玉)コレステロールの酸化を抑えて 動脈硬化を防ぐ働きや疲労回復効果もあります。また最近になって抗酸化力も発見されました。 シトルリンが、活性酸素により、遺伝子本体のDNAが傷つくのを効率よく防ぐことが明らかになりました。

ギャバ
『ギャバ』が、神経や脳において抑制性神経伝達物質に関与していることから、 ストレス状態を軽減したり、緩和する成分として摂取することが勧められています。 また、ギャバは、血圧降下に関与する成分としても知られ、 血圧が高めの方に適した特定保健用食品として市販されています。

クレアチン
『クレアチン』はアルギニン、グリシン、メチオニンの3種類のアミノ酸から合成される成分です。 体内ではクレアチンリン酸といった形で、筋肉に多く存在します。 エネルギー代謝に関わる成分であることから、 運動選手が使うサプリメントとして人気が高まりつつあります。 クレアチンは、食品では肉や魚に含まれていますが、その量は少ないため、スポーツ目的での摂取の場合はサプリメントでの摂取がすすめられています。

タウリン
『タウリン』はカキなどの魚介類に多く含まれるアミノ酸です。 タウリンは、身体が必要とする量の5%程度しか体内で合成できないので、 食べ物や健康食品から充分に摂取する必要があります。 また、コレステロール値の抑制、高血圧・高脂血症・肝炎、 虚弱体質他に月経不順・糖尿病・更年期障害等にも良いと言われています。 栄養ドリンクにも含まれている有名な成分ですが、栄養ドリンクでは他にカフェイン・糖分が多く含まれているため サプリメントなら糖分の摂り過ぎなどの心配もありません。

イミダペプチド(イミダゾールペプチド)
イミダペプチド(イミダゾールペプチド)は、産官学連携プロジェクトで最も注目されている食品素材で、 ヒトや動物の骨格筋に、存在するアミノ酸結合体です。長時間翼を動かし続ける渡り鳥の筋肉中に高濃度に含まれ、 食肉においては鶏肉が牛肉や豚肉に比べて2〜3倍も豊富に含まれています。 イミダペプチド(イミダゾールペプチド)には、カルノシンとアンセリンがあり、 カルノシンはβアラニンとヒスチジン、アンセリンはβアラニンとメチルヒスチジンとのジペプチドです。