ルチン

ルチンは1930年代に発見された栄養素で、以前はビタミンPと呼ばれていました。
実際には、ルチンはビタミンではなく、ポリフェノールの一種です。
ルチンには、血管の柔軟性を保ち、丈夫にする働きがあります。
具体的には、血管壁に弾力を持たせるコラーゲンを作るのに欠かせないビタミンCの働きを助けて、毛細血管を強化します。
こうしたルチンの働きは、動脈硬化の予防や改善に役立ちます。
また、ルチンには、血管を収縮させる体内の酵素の働きを抑えて、血液を流す作用や、抗炎症作用もあります。
そのためルチンは血管拡張や出血性の病気を防ぐ薬として、高血圧や高血糖などの治療にも用いられています。
さらに、ルチンは、読書が趣味の方やパソコンを使うことが多い方からも人気を集めています。

健康21サプリメントサプリメント1ポリフェノール > ルチン

■「ルチン」とは?

蕎麦(そば)に多く含まれる健康成分としておなじみの『ルチン』。 ルチンは果物や野菜の色彩や風味を引き立てる柑橘フラボノイド(ポリフェノール)の一種で、 薬草などとして用いられていたミカン科のヘンルーダから発見されましたが、 ミカン科の植物に限らずマメ科のエンジュやタデ科の蕎麦、さらにトマト、アスパラガスにも多く含まれています。 ルチンはビタミンCと相性がよく、ビタミンCサプリメントにビタミンCのサポート役として 一緒に配合されていることもあります。

ルチンは、1930年代に発見され、ビタミン様の働きがあることから単体でビタミンPと呼ばれていましたが、 後にビタミンPを構成するクエルセチンやヘスペリジンなどいくつかの物質が発見され、 ルチンが単体でビタミンPと呼ばれることはなくなりました。 日本ビタミン学会ではビタミンPをビタミン様物質として規定しており、ビタミンPはビタミンではないとされています。

ルチンは、人体に対しては、血管収縮作用、毛細血管の透過抑制作用、毛細血管壁を強くする効果があり、 脳出血などの予防に効果があるのではないかといわれています。 また、ルチンは抗酸化能があるので、活性酸素を除去し血液を浄化する作用を持つといわれています。 さらにルチンは、ヒスタミンの遊離を抑える抗アレルギー作用があると言われています。 ただし、ソバは 食品衛生法によるアレルゲンの特定原材料5品目の一つとして表示が義務付けられており、 ソバから抽出されたルチンには、不純物としてソバアレルギーの原因蛋白質が含まれる可能性があります。



★★★ 関連製品・販売店(通販) ★★★









 人気定番製品
 -
 -
 アントシアニン
 イソフラボン
 カテキン
 ケルセチン
 ルチン
 レスベラトロール
 健康21
 サプリメント
 サプリメント1
 ポリフェノール