クレアチン

クレアチン』はアルギニン、グリシン、メチオニンの3種類のアミノ酸から合成される成分です。 体内ではクレアチンリン酸といった形で、筋肉に多く存在します。 エネルギー代謝に関わる成分であることから、運動選手が使うサプリメントとして人気が高まりつつあります。 クレアチンは、食品では肉や魚に含まれていますが、その量は少ないため、 スポーツ目的での摂取の場合はサプリメントでの摂取がすすめられています。


■「クレアチン」とは?

『クレアチン』は、体内でエネルギー代謝に関与している成分で、 スポーツ選手のサプリメントとして海外では広く利用されていますが、 日本ではまだあまり耳にする機会が少ないのではないでしょうか。血液検査で腎機能の評価指標となっている クレアチニンと混同されることもしばしばです。スポーツの世界では、1992年のバルセロナオリンピックで、 陸上の金メダリストの中にクレアチンを飲用していた選手がいたことから、一気に注目度が上がりました。


●クレアチンの構造と食品での分布

クレアチンは、1835年フランスの科学者シュプルールによって、牛肉汁に含まれる一成分として発見され、 ギリシャ語の”新鮮な”を意味する「kreas」から「クレアチン」と命名されました。 現在では化学合成法により生産され、日本では、食薬区分の変更(2001年の医薬品の範囲に関する基準の改正) によって食品素材としての使用が認められ、主に運動選手のサプリメントへの利用が進んでいます。

クレアチンはタウリン、オルニチン、γ-アミノ酸(GABA)などと同じく、たんぱく質の構成成分とならない 非タンパク質性アミノ酸の一種です。食品中のクレアチン含量は、魚類、肉類に多く、まぐろ、鯛、ひらめには 約0.6g/100g含まれ、牛、豚、鶏に約0.4g/100g含まれています。


●クレアチンの生体での働き

体内にあるクレアチンの95%以上が骨格筋に存在しており、体重60kgの人では、約100gを体内に保有している ことになります。クレアチンの給源としては、食品として摂取されるだけでなく、体内でもグリシン、アルギニン、 メチオニンを材料として、肝臓や腎臓で生合成されます。

生体内でのクレアチンは約60%がクレアチンリン酸、残りの約40%がクレアチンとして存在しています。 クレアチンの重要な役割は、生体内でATP(アデノシン三リン酸)供給に関わっていることです。 ATPは運動時における筋肉収縮のエネルギー源をはじめ、生体におけるエネルギー燃料の基本単位となっています。 高エネルギー化合物であるATPは、高エネルギー結合したリン酸を放出し、自身がADP(アデノシン二リン酸) となる際に放出されるエネルギーを種々の生命活動に利用しています。 しかし、このATPの量は限られており、特に、激しい筋肉運動では数秒間でなくなってしまいます。 限られた生体内の環境でエネルギー産生活動を続けるには、ADPをATPに戻してリサイクルすることが 最も効率的です。このリサイクル活動を行うのがクレアチンリン酸です。 クレアチンリン酸は、結合しているリン酸をADPに渡してATPに戻すと共に、自身はクレアチンとなります。

クレアチンリン酸とクレアチン、ADPとATPの反応は、クレアチンキナーゼによる可逆的反応であり、 ATPが十分にあるときは、クレアチンからクレアチンリン酸が生成され、安定したエネルギー源として 蓄積されます。クレアチンリン酸は、筋肉内で1日約1〜2gが非酵素的反応により尿中排泄体のクレアチニンに 変化していきます(不可逆的)。そのため、クレアチニン生成量は個人ごとに全身の筋肉量に比例しています。 クレアチニンは腎糸球体から濾過され、ほとんどが再吸収されることなく尿中に排泄されます。 健康診断などで血中のクレアチニンを測定するのは、腎臓の濾過機能のよい指標となるためです。 運動時におけるATPやクレアチニンリン酸は、すばやくエネルギー源となってくれますが、 ごく短時間で消耗されてしまいます。これらがなくなると、筋肉はグリコーゲンやグルコースを消費して エネルギーを発生させます。