EPA

EPA』を長期間摂り続けると、血液成分(赤血球、血小板)や体全体の細胞に取り込まれます。
その結果、血液を固まりにくくさせたり、血管をしなやかに保つほか、高血圧症を改善する働きがあります。
神戸大学の研究では、2700mg(1日)EPAを8週間投与により本態性高血圧患者の収縮期血圧が低下しました。

健康21サプリメントサプリメント1 > 脂肪酸 > オメガ3系脂肪酸 > EPA

■「EPA」とは?

EPA摂取量の多いイヌイットの食生活

北極海のグリーンランドに住むイヌイットは、アザラシや魚を主食として暮らしています。 極寒の地に農作物は育ちません。肉食中心なのに、イヌイットは心臓病で亡くなる人が極めて少ないことが知られています。 大変不思議なことなので、デンマークの学者達が、グリーンランドのイヌイットの血液を詳しく調べてみたところ、 魚やアザラシの脂肪に多く含まれる脂肪酸である、 『エイコサペンタエン酸(EPA)』が多く含まれていることを発見しました。 欧米人の血液に多く含まれている「アラキドン酸(AA)」とは、食べている脂肪の質が全く違っていたのです。

さらに、第二次大戦中のノルウェーでは、戦時下のため家畜が減り、肉不足で魚の消費量が大幅に増えましたが、 その時期は心筋梗塞による死亡率が大きく減りました。 EPAが動脈硬化性の病気を減らす可能性を示す一例といえるでしょう。



●EPAの由来

海に棲む生物だけがEPAを持っています。EPAはもともと、プランクトンやオキアミなど海に棲息する生物の体内で作られ、 ヒトをはじめとする哺乳動物では合成されません。同じ脂肪酸でも、アラキドン酸は陸の植物に、 EPAは海の植物に由来しているのです。海では、プランクトンを魚たちが食べ、その魚をアザラシや オットセイが食べるといった食物連鎖によって、あらゆる生き物にEPAが取り込まれます。 この結果、アザラシなどはかなりの量のEPAを貯えています。 イヌイットが大量のEPAを体内に有しているのも、アザラシや魚を主食としているためです。



●EPAで血液がサラサラに

EPAを長期間摂り続けると、血液成分(赤血球、血小板)や体全体の細胞に取り込まれます。 その結果、血液を固まりにくくさせたり、血管をしなやかに保つ働きをもっていることが、 世界中の研究者により確認されています。 血液中の赤血球はさまざまに形を変えながら、体全体に酸素を送り届けています。 しかし、赤血球が硬くなったり、血液が固まりやすくなるといったドロドロ血の状態では、 血流が滞り、やがては心臓や脳の血管が詰まるなど、命に関わる病気になりかねません。



●EPAは現代人の強い味方

血液をサラサラにするなど、EPAの多彩な作用が誤った生活習慣から起こる 動脈硬化性疾患の進行を遅らせる可能性があるとして注目されています。 近年、食生活の欧米化により日本人のEPA摂取量は年々減少し、ストレスなども加わって、 動脈硬化や心筋梗塞が増加しています。 EPAは、私たち現代人にとってまさに母なる海からの贈り物といえるでしょう。



●EPAの弱点

EPAは酸化しやすい

健康維持へのさまざまな可能性が注目されている「EPAやDHA」ですが、「唯一の問題点は酸化」です。 古い酸化した油は体によくないのと同じでとりわけ酸化しやすいEPAやDHAは酸化を防ぐことが ポイントになります。そこで考えられたのが「大麦若葉」の配合。 大麦若葉に含まれる「2”-0-GIV」が酸化を防いでくれるので安心して摂取できます。



●EPA関連項目



★★★ 関連製品・販売店 ★★★

【関連製品・販売店】
『EPA関連製品・販売店』
『オメガ3系脂肪酸関連製品・販売店』








 EPA関連サプリメント販売店
 EPA人気定番サプリメント
 -
 中性脂肪とEPA
 DHA
 DPA
 EPA
 α-リノレン酸(ALNA)
 イワシペプチド
 クリルオイル
 人気定番製品・販売店
 健康21
 サプリメント
 サプリメント1
 脂肪酸
 オメガ3系脂肪酸