肺炎

肺炎は、誰でもかかる可能性がありますが、お年寄りや慢性的な病気がある人などは、特にかかりやすいといわれています。 肺炎予防のポイントや初期症状を知り、発症と重症化を防ぎましょう。


■肺炎にかかりやすい人

肺の病気や糖尿病などがある人、お年寄りは要注意

私たちの体には、細菌やウィルスなどの病原体が侵入するのを防ぐ「免疫」という仕組みが備わっています。 この免疫の働きが弱まったり体力が低下すると、肺炎にかかりやすくなります。 特に次のような人は肺炎にかかりやすいといわれています。

▼糖尿病や心臓病、腎臓病、肝臓病、がんなどの病気がある人
全身的な病気があると、体力だけでなく免疫の働きも低下して、 感染しやすくなってしまいます。

▼ステロイド薬や免疫抑制薬などを長期間服用している人
「関節リュウマチ」や「膠原病」などで、これらの薬を長期間服用していると、 免疫の働きが低下します。

こうした慢性的な病気や全身的な病気がある人は、健康な状態では発症しないような細菌などでも、肺炎を起こしがちです。 また、いったん肺炎を発症すると、肺炎が重症化しやすいうえに、糖尿病や心臓病などのもともと持っていた病気も悪化しやすいのです。

免疫の働きは、加齢によっても低下します。特に、75歳以上で体力が低下している人は、 肺炎に注意が必要です。また、高齢になると、糖尿病や腎臓病などの全身的な病気を複数持っている人も少なくありません。 病気が軽い場合でも、その数が多い人ほど、肺炎によって全身の状態が悪化し、死亡する確率も高くなります。


●肺炎予防のために

睡眠や栄養を十分にとり、うがいや手洗いを徹底する

▼日常的に気をつけること
肺炎を防ぐには、まず風邪やインフルエンザにかからないことです。 人ごみをなるべく避け、うがいや手洗いを徹底して、ウィルスの体内への侵入を防ぎましょう。 うがいは水道水で十分です。のどの奥まで洗うように3〜4回行なってください。 日頃から体の免疫機能を高めておくことも大切です。 特に、睡眠不足は、体力や免疫の働きを低下させることがわかっています。 十分な睡眠と栄養バランスのよい食事を摂り、規則正しい生活をしましょう。 また、喫煙は肺の防御機能を低下させ、炎症を起こしやすくなります。 肺炎の予防のためにも、禁煙することが大切です。

▼肺炎を早期に発見する
肺炎を発症すると、「せきが長く続く、息切れがする、色のついた痰が多く出る、高熱が出る」 などの症状が現れます。お年寄りは、高熱などの肺炎の典型的な症状が現れにくいことが多いのですが、 「呼吸が荒い」「脈が速い」などが、肺炎のサインになります。 これらの症状が見られたら、早めの受診が大切です。重症になると「意識障害や髄膜炎」 などが現れることもあります。 しかし、中にはワクチンの接種によって、重症化や死亡の危険性を減らせる肺炎もあります。

●その他

▼冬はウィルスや細菌にとって最適の環境
気温が低く、空気が乾燥する冬は、ウィルスや細菌に感染しやすい季節です。 鼻やのどの粘膜が乾燥して、傷つきやすくなっているためです。 免疫機能が低下した体で、窓を閉め切った部屋にこもっていると、 部屋の中にウィルスや細菌が蔓延して、感染症にかかりやすくなってしまいます。 冬は、体を冷やさないようにし、加湿器などで室内の湿度を保って、 定期的に窓を開けて換気をしましょう。帰宅したら、手洗いやうがいをすることも重要です。

▼お年寄りに多い誤嚥性肺炎
年をとると、噛む力や飲み込む力が弱くなり、食べ物や唾液などが誤って気管に 入りやすくなります(誤嚥)。また、吐き出す力も弱くなっているため、 排出するのも難しくなります。睡眠中、気付かないうちに唾液が誤って気管に入る こともあります。 このようなことが多いと、口の中のさまざまな細菌が肺に入り、肺炎を起こしてしまいます。 これが「誤嚥性肺炎」です。誤嚥性肺炎は、寝たきりの人や栄養状態の悪い人によく みられます。誤嚥性肺炎の予防には、歯磨きやうがいなどで口の中を清潔にし、 細菌を減らすことが大切です。また、誤嚥を防ぐためには、食事のときは上半身を 起こしましょう。食べ物や飲み物にとろみをつけるなど、飲み込みやすくする工夫をするのもよいでしょう。