気胸

肺が縮んで呼吸が苦しくなったり、胸や背中に痛みが起こる「気胸」は、一般に再発しやすい病気です。
治療法として、以前から行なわれてきた「胸腔鏡手術」に、さまざまな工夫が加えられ、再発が少なくなってきています。


■「気胸」とは?

胸腔内に空気がたまり、肺が膨らまなくなる病気

何らかの原因で肺の組織の一部が弱くなり、肺に孔が開くと、中の空気が漏れ出て胸腔にたまり、 肺が膨らむことができなくなります。その結果、肺の呼吸運動が妨げられます。 この状態を『気胸』といいます。 気胸は事故など、何らかの外的原因で起こることもありますが、多くの場合、肺の表面に風船状に膨らんだ 「背のう胞」ができ、それが突然破れて起こります。 気胸は、痩せている若い男性に多い病気ですが、最近は、高齢者や女性にも増える傾向が見られます。 気胸を起こす患者数は、再発を含めて全国で年間1万人以上といわれています。


●気胸の主な症状

呼吸困難、胸痛、背中の痛みなど

肺が縮んで十分に呼吸ができなくなるために起こる「呼吸困難」や、 「胸痛」「背中の痛み」などが代表的な症状です。 胸痛や背中の痛みに加え、酸欠によって動悸を感じることから、心臓の病気と間違われることもあります。 軽い場合には、肩こりや筋肉痛と間違えることもあります。


●気胸の種類

▼原発性自然気胸
痩せていて胸板の薄い、背の高い男性に多いタイプです。「ブラ」あるいは「ブレブ」 と呼ばれる背のう胞が破れることで起こります。

▼続発性自然気胸
高齢者や女性によく見られるタイプです。何らかの病気があり、その症状として 気胸が起こります。高齢者の場合は、多くが主に喫煙の影響などで肺の組織が壊れる 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」が原因で起こります。 女性の場合には、子宮内膜症が原因で、月経に伴って気胸が起こることがあります。

●ストレス、疲労と気胸

気胸には、ストレスも関係していると考えられています。 一般に、「受験などで重圧を感じたとき」「疲労状態や睡眠不足が続いたとき」など、 心身にストレスがかかったときに発症する傾向があるので、再発を防ぐためには、 疲労や睡眠不足を避けることも大切です。