便秘症対策に『ゴールデンキャンドル』

ゴールデンキャンドル』は、インドネシアやマレーシアで1300年も前から、 便秘や皮膚病などの改善に利用してきたハーブで、「便出しハーブ」ともいわれます。 ゴールデンキャンドルはアントラキノン類という成分を多く含んでいます。アントラキノン類は、腸管の筋肉を刺激して、 蠕動運動を活発にする働きがあるのです。しかも、便秘薬でよく見られる依存症や副作用はほとんどありません。 この他、ゴールデンキャンドルには食物繊維、ミネラルの一種であるカリウムやマグネシウムなども含まれています。 これらの成分が相乗的に働いて、便秘の改善に役立つのです。


■ゴールデンキャンドルの便秘解消試験

ゴールデンキャンドルが便秘の改善に役立つことは、試験でも実証されています。 この試験では、6ヶ所の病院で、便秘状態が72時間以上続いている14歳〜90歳の男女80人(男性31人、女性49人)を対象としました。 この80人を、ゴールデンキャンドルの成分を抽出したエキスを摂るグループ、医療用の便秘薬を服用するグループ、 そしてプラセボ(偽薬)を摂るグループに分け、24時間以内の症状の変化を見たのです。 その結果、ゴールデンキャンドルを摂ったグループは24人中20人(86%)の便秘が解消したので、 ゴールデンキャンドルは便秘薬に匹敵する解消率を示したことになります。 一方、プラセボのグループは28人中5人(18%)しか解消しませんでした。 便秘気味で、お腹が出ている人はぜひ試してみてください。