HSP(ヒートショックプロテイン)

HSP(ヒートショックプロテイン)』は”救急医療センター”のような働きをしてくれます。 構造異常を起こしたたんぱく質を、遺伝子レベルの複雑な生理作用を経て、元の元気で正常な姿に戻してくれるのです。
(*本文は下の方にあります)


■HSP(ヒートショックプロテイン)

『HSP』は、「Heat Shock Protein」の略で、熱ストレスによって発生するたんぱく質のことです。 「HSP」は、1962年にアメリカで、加温したショウジョウバエの体内から発見されました。 その後、ヒトをはじめ多くの生物で、通常の体温より約2℃だけ体を温めると、体内にHSPが発生することが明らかになりました。 HSPは、熱以外のストレスでも発生し、「ストレスタンパク」とも呼ばれますが、熱による影響が一番顕著であるといわれています。

私たちが病気に罹ったり、精神的・肉体的ストレスを感じると、細胞の中のいくつかのたんぱく質が変質します。 あるものは凝集し、また他のあるものは萎縮して、構造異常を起こしてしまいます。 そのとき、ドーナツ型をしたHSPは”救急医療センター”のような働きをしてくれます。 構造異常を起こしたたんぱく質をドーナツの内側に取り込み、遺伝子レベルの複雑な生理作用を経て、 元の元気で正常な姿に戻して、ドーナツの外へ返してくれるのです。

また、HSPには「免疫」つまり「生態防御作用」をサポートする働きがあることも、明らかになりました。 私たちの体に病原菌が侵入したり、がんが発症した場合、 これらを殺傷すべく立ち向かうのは「NK(ナチュラルキラー)細胞」と呼ばれる細胞です。 HSPは、この「NK細胞」の活性を高める働きがあるのです。

さらに、「樹状細胞」といって、”ここにこんな病原菌がいる”と免疫系に緊急通報(抗原提示)を発する細胞があります。 HSPは、この樹状細胞の数を増やしたり、その作用を高めたりする能力を備えているのです。 このように、HSPには、免疫力を高める力が備わっています。 また、HSPは老化とともに減少します。これらのことは、HSPが「老化防止」に深くかかわっていることを 示唆しているといえます。