免疫力

病気から回復するため、病気にならないよう予防するため、最も大切なのは『免疫力』。 人は誰でも体の中に、健康を保つために夜も眠らないで働いてくれる「お医者さん」を持っており、 疲れがたまると疲労物質を除去しようとし、病気になりそうになると予防してくれます。 実は、そのお医者さんというのが「免疫力」なのです。 普段から免疫力を向上させる生活を心がけ、病気知らずの体を手に入れましょう。
(*本文は下の方にあります)


■免疫力とは?

侵入してきた異物を排除し、自己を守る仕組み

ウィルスや細菌、癌細胞などが体の中に入ってきたとき、それを排除しようとするのが『免疫機能』です。 「免疫機能」の最も基本的な仕組みは「自己」と「非自己」を区別し、自己にダメージを与える非自己を排除することです。 自分自身の細胞などが自己であり、体の外から入ってくる病原体などは非自己として認識されます。

病原体を排除するために戦うのは「免疫細胞」で、その主体は血液の中の「白血球」です。 白血球自体は「マクロファージ、リンパ球、リンパ球の中のT細胞やNK細胞、顆粒球、 顆粒球の中の好中球や好酸球」など、細かい種類に分けられ、それぞれが独自の役割を持つとともに、 互いに連携することによって病原体と戦うシステムになっており、 白血球中のリンパ球から分化した「T細胞、B細胞、NK細胞、マクロファージ」 などが体内の異物を排除し、癌や老化の元凶となる「活性酸素」 を増やさないように働いているというのが、「免疫機能」のおおよその仕組みです。

免疫システムはとても複雑で、免疫細胞のバランスが取れていることが非常に重要です。 しかし、免疫細胞は自律神経の影響を受けやすいことがわかっています。 そのため、自律神経を乱しやすい現代の生活は免疫バランスを崩すことにつながり、 免疫力を低下させると考えられるのです。


●自律神経と免疫力

自律神経の乱れが免疫バランスを崩す

昔から「病は気から」ということわざがあります。免疫力も心の状態と深く関係があり、 心の状態が良好なとき、免疫力は高いのですが、心が暗くなって落ち込んだり、怒ったりすると、 精神状態が不安定になり、免疫力が低下します。 また、私たちの体は自律神経によってバランスが保たれています。 自律神経は、体が活発に活動するときに優位に働く交感神経と、 リラックスしているときに優位に働く副交感神経から成り、 この2つが適切にバランスをとることで、私たちの健康がコントロールされています。 ストレスが強いと交感神経が優位になり、リンパ球が減ってきます。 だから病気のときはリラックス状態である副交感神経を優位にして、免疫力を強めようとするのです。

◆自律神経を整えて免疫力を強化する

免疫細胞の顆粒球は交感神経の支配を受け、リンパ球は副交感神経の支配を受けます。 そのため、例えばストレスによって交感神経が優位になりすぎると、 顆粒菌が過剰に増えて体の組織を破壊すると考えられており、 反対に、運動不足などによって副交感神経が優位になりすぎ、リンパ球が過剰になると、 アレルギー疾患の誘因になると考えられます。 自律神経はストレスを自覚していなくても、頑張りすぎていたり、睡眠不足であったり、 体を冷やしたりすることでも乱れてしまいます。 免疫力を高める第一歩として、自律神経を整える生活を心掛けるとよいでしょう。


●免疫力チェック

癌退治に重要な毎日の食事

免疫の主役ともいえるリンパ球には、自律神経のうちの副交感神経の影響を受けて増減するという性質があります。 そのため、免疫力を強化するには副交感神経を優位に保つ必要があります。 では、どのようにして副交感神経を優位に保てばいいのでしょうか。それには、毎日の食事が深く関わっていることを 忘れてはいけません。私たちが日々口にする食品には、副交感神経を優位にする食品があるからです。 そこで、免疫力を強化するためには、下記に述べるような食品を摂ることが重要になってきます。


【免疫力が強いかどうかがわかる食事診断】
チェック項目 はい いいえ
主食
おかず
味噌汁
@ご飯 玄米や発芽玄米より白米が好き    
A肉など 肉や揚げ物などを好んで食べる    
B味付け 味付けは、どちらかというと塩分の多いもの(塩辛いもの)がすき    
C大豆食品 納豆や豆腐などの大豆食品を自分からあまりすすんでは食べない    
D野菜など 野菜や果物を全く食べない日がある    
Eキノコなど キノコや海藻類を食べる機械が、ほとんどといっていいほどない    
F魚 魚は嫌いで、小魚や小エビなども食べない    
G味噌汁 味噌汁は、数日に1杯程度しか飲まない    
間食
食べ方など
H菓子など 甘いお菓子やケーキが好きでよく食べる    
I早食い よく噛まない。しかも早食いである    
J満腹感 いつも、お腹がいっぱいになって満腹するまで食べるのが習慣になっている    
K偏食 好きなものばかりを食べる傾向があり、栄養が偏っていると自分でも思う    
L外食 会社での昼食は外食や、決まった弁当類を食べることが多い    
M欠食 休日や家にいるときの食費を簡単に済ませたり、欠食することがある    

【判定】

「はい」が2個以下・・・・・免疫力の低下は全く心配ありません。
「はい」が3〜5個・・・・・免疫力の低下はほとんど心配ありません。
「はい」が6〜9個・・・・・免疫力の低下がやや心配です。
「はい」が10個以上・・・・免疫力が低下している可能性が大です。

@ご飯
玄米は、副交感神経を優位にする食べ物の一つです。玄米には、ビタミンB1、B2、Eをはじめ、 脂質、リン、ミネラルが、白米より2〜4倍多く含まれ、食物繊維は6倍も多いのです。 特に、副交感神経を優位にする栄養は、マグネシウムやカリウム、カルシウムなど。 これらも玄米に含まれています。そうした意味から、免疫力強化のためには玄米が最適なのですが、 炊き方が難しかったり食べたとき固かったりするのが難点です。そこで、5分づきや7分づきの玄米、 あるいは発芽玄米を白米に混ぜて食べれば、免疫力の強化に役立ちます。
【関連項目】  『発芽玄米』



A肉や揚げ物
現代の食事には、肉や揚げ物などがたくさん取り入れられるようになり、肥満の人が急増しています。 肥満の予防には、食欲のコントロールが必要です。ストレスを減らし精神が安定すれば、 腸の粘膜にある白血球の働きが正されて、食べる量も減っていきます。 ところが、脂肪を摂りすぎれば食欲のコントロールが乱れ、免疫力を担う白血球が正しく働かなくなるのです。



B塩分の摂りすぎ
塩分の摂りすぎも、癌の発生に関係しています。最近では、胃癌の発生にピロリ菌の感染が深く関わっていることがわかりました。 国立がんセンターによれば、ピロリ菌に感染していて塩分の多い食事をする人に、胃癌が多発しているそうです。



C大豆食品
納豆や豆腐などの大豆食品も、副交感神経を優位にする食べ物です。基本的には毎日摂りたい食品です。
【関連項目】  『大豆製品』



D野菜や果物
野菜や果物は、毎食摂ることが望まれます。



Eキノコや海藻類
キノコや海藻類は、豊富な食物繊維やミネラルに加えて、キノコも海藻も低カロリー。 しかも、キノコのβグルカンという成分は免疫力を強化して癌を予防します。 一方海藻類に含まれている水溶性の食物繊維のフコイダンには、大腸癌を抑える働きのあることがわかっています。
【関連項目】  『キノコ』 / 『βグルカン』 / 『フコイダン』



F魚
魚には、EPAやDHAという脂肪酸が含まれています。EPAやDHAは、体の中でリンパ球を増やします。 また、小魚や小エビなどのように、豊富な栄養をバランスよく含んでる食品を摂れば、副交感神経が優位になります。
【関連項目】  『オメガ3』



G味噌汁
味噌汁も食事に欠かせません。厚生労働省の研究班が行った調査では、1日に味噌汁を3杯以上飲む人は、 飲まない人より乳がんの発症率が4割も減ることがわかっています。



H甘いものの摂りすぎ
甘いものの摂りすぎは、食欲のコントロールを乱し、肥満を招きます。



I早食い、J食べすぎ
食事のときによく噛まないで飲み込む人は、2つの面で問題があります。 1つは、よく噛まずに唾液が十分に分泌されないと、体にとって有害なものが素通りしてしまう危険があること。 唾液中に含まれる酵素には、食品添加物や残留農薬などの害を消す働きがあるので、 1口食べたら最低30回は噛むようにしたいものです。もう1つは、よく噛まないで早食いをすると、食べ過ぎにつながります。 1口ずつ、よく噛んで食べれば、腹八分目で満腹感が得られるので、食べ過ぎる心配はありません。 食べすぎは交感神経優位の状態を作り出し、反対に、腹八分目は副交感神経を優位に保ってくれます。



K偏食、L外食、M欠食
偏食はいうまでもなく栄養のバランスを各原因です。栄養のバランスを整えることが、 副交感神経優位の状態を作り出します。外食や欠食も同様です。

●最後に

「風邪を治す薬はない」と、よく言われます。熱を下げたり、鼻水やせきを抑える薬はありますが、 最終的に風邪を治すのは、風邪を引いた人の免疫力です。 また、風邪を引かないように予防するのに必要なのも免疫力です。 しかし、不健康な生活習慣や過剰なストレスなどにより、現代人の免疫力は低下しやすくなっているといわれます。 自分自身や家族が免疫力を弱めるような生活をしていないか、見直してみる必要があるのではないでしょうか。