前立腺癌

前立腺癌』は、ここ30年ほどで患者数が急激に増えている癌で、ゆっくり進むのが特徴です。 前立腺癌は、早期には症状がほとんどありませんが、進行すると「排尿障害」などが現れてきます。 最近では、血液検査で前立腺癌の可能性をチェックできる方法が普及し、早期の段階で発見できるようになっています。 早いうちに発見できれば、その分治療の選択肢も広がり、治る可能性も高くなります。






このページは 『前立腺癌』 へ移動しました。