膀胱炎

若い女性に多く見られる『膀胱炎』は、排尿時の痛みや残尿感などの症状が特徴です。 抗菌薬を服用して、日常生活での注意を守れば治りやすい病気ですが、再発も多いため、治療も気をつけることが大切です。


■「膀胱炎」とは?

尿道から入った細菌によって膀胱に炎症が起こる病気

膀胱炎とは、尿道から膀胱に大腸菌などの細菌が入って増殖し、 膀胱の粘膜が炎症を起こす病気です。風邪を引くと、のどが炎症を起こして真っ赤になりますが、 膀胱炎では、これと同じようなことが膀胱内で起きると考えてよいでしょう。

女性に圧倒的に多く見られますが、これには男性と女性の体の構造の違いが関係しています。 一般に男性の場合、尿道の長さは約20cmありますが、女性では尿道が4〜 5cm程度しかありません。 さらに、女性は、尿道口の近くに膣や肛門もあるので、排便時や性交時に細菌が尿道に入りやすい構造になっているのです。 そのため、発症しやすいのは、10歳代後半から40歳代の女性です。 この年代では、特に性交が原因の感染が多く見られます。


■膀胱炎の主な症状

排尿時の痛み、頻尿、残尿感などが現れる

▼排尿時の痛み
排尿時に下腹部が引きつるような痛みがあります。 特に、排尿の終わりに激しく痛むのが特徴です。

▼頻尿
排尿のために頻繁にトイレに行くようになります。ただし、1回の排尿量はわずかです。

▼残尿感
排尿しても、まだ全部出し切れていないような、すっきりしない感じがします。

▼血尿
進行すると現れる症状です。尿が赤やピンク色に見えたり、トイレットペーパーに 血が付いたりします。また、肉眼ではわからなくても、顕微鏡で調べるとわかる ケースもあります。

排尿時の痛み、頻尿、残尿感は、初期から現れる典型的な症状です。 また、膀胱内に繁殖した細菌を排除しようとして増えた白血球や、炎症を起こした膀胱の粘膜 の分泌物などが尿中に排出されて、尿が濁って見えることもあります。
膀胱炎を放っておくと、膀胱内の細菌が「尿管」を通って腎臓に達し、「急性腎盂腎炎」を 起こすことがあります。急性腎盂腎炎になると、腰痛や高熱が起こり、多くは入院が必要になります。 そのため、排尿時に違和感があったり、1日に10回以上排尿のためにトイレに行く日が続いたり する場合は、一度、泌尿器科やかかりつけ医を受診するようにしましょう。


■膀胱炎の検査と治療

尿検査で診断する。治療は抗菌薬の服用が中心

●検査

受診すると必ず行われるのが「尿検査」です。尿を顕微鏡で調べ、炎症が起こっていることを 示す白血球や、出血を示す赤血球、炎症の原因となっている大腸菌などの細菌が発見されれば、 膀胱炎と診断されます。

●治療

膀胱炎の治療の基本は、「抗菌薬」の服用です。抗菌薬で、膀胱内に繁殖した細菌を除去します。 薬を服用すると2〜3日で症状が治まりますが、まだ細菌は完全に除去されていないため、 自己判断で服用を中止してはいけません。膀胱内の細菌をすべて除去するには5〜7日間は 服薬が必要なので、指示された期間は必ず薬の服用を続けます。

薬の服用と合わせて、水分をたくさん摂ることも大切です。尿の量を増やすことで、 膀胱内の細菌を洗い流し、細菌数を減らすのです。また、細菌の繁殖を防ぐためにも、 尿意を感じたら我慢せずにトイレに行くようにしましょう。

多くの場合、治療によって症状は改善されます。そのため、医師に指示されていても、 再受診しない人が少なくありませんが、必ず再受診することが大切です。 受診時には尿検査を行い、白血球や細菌がいないかどうかを調べます。 そこで白血球や細菌が確認されなければ、治療は終了します。