大腸ポリープ

『大腸ポリープ』は、大腸がんとともにわが国で大幅に急増している病気です。 「大腸ポリープ」はほとんどが「腫瘍性」で、がんに進行する可能性があります。


■「大腸ポリープ」とは?

大腸ポリープとは、大腸の粘膜細胞が増殖して、いぼのような突出物(ポリープ)ができる病気で、 高齢化と検査の進歩に伴って、近年、発見される頻度が非常に高まっています。 「大腸ポリープ」のほとんどは無症状です。ただ、S状結腸や直腸にできたポリープが直径10mm以上に成長すると、 便とこすれて出血し、「血便」が現れることがあります。

大腸ポリープは、大腸がんとともにわが国で大幅に急増している病気です。 胃ポリープのほとんどが「非腫瘍性」で、がんになることはほとんどないのに対し、 大腸ポリープはほとんどが「腫瘍性」で、がんに進行する可能性があり、 大腸がんの大半は、良性ポリープが変化したものといわれています。 また、大腸ポリープの一部にがんが含まれている場合もあります。

大腸ポリープは加齢によってできやすくなります。40歳代から増え始め、60歳以上の人では、 30%近い人に大腸ポリープが見つかります。


■大腸ポリープの原因

大腸ポリープの原因としては、食生活の欧米化が関係し、肉食の影響が最も強いと考えられています。 肉を食べると、脂肪を吸収するために胆汁酸が大量に出て大腸へ流れ込み、腸内の細菌叢のバランスが崩れます。 それによって、胆汁酸が有害なものに変わり、これが発がん物質として作用するのではないかと考えられています。 また、肉以外にも、アルコール、特にビールとの関係も深いと考えられています。 これらの飲食物に含まれる何らかの有害物質によって、遺伝子が傷つくことで細胞が変化し、 ポリープの発生や、そのがん化が起きると考えられています。


■大腸ポリープの診断と治療

内視鏡検査で組織を少量採取し、顕微鏡で調べる病理検査を行います。 病理検査を行うのは、がんとの鑑別診断のためです。
大腸ポリープは、タイプによっては、大きくなると、がん化する危険性があります。 直径5〜10mmの大腸ポリープの約6%に、がんが隠れているとのデータもあります。 そのため、直径5mm以上ある大腸ポリープは切除した方がよいといわれ、通常は、 直径10mm以上のものは必ず切除します。ポリープ切除は、内視鏡で行われます。 肛門から内視鏡を入れて、ポリープの根元にワイヤーをかけて、焼き切ります。