潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎』は、大腸の粘膜に炎症が起こり、潰瘍やびらん(だだれ)ができる病気です。 多くの患者が治療によって、症状が治まっている状態を維持しながら、健康な人とほとんど変わらない生活を送れるようになってきています。


■潰瘍性大腸炎とは?

大腸の粘膜に炎症が起こり、潰瘍などができる

『潰瘍性大腸炎』は、直腸から始まり、大腸の粘膜に炎症が広がって赤くただれ、 潰瘍やびらん(ただれ)などの病変が、直腸から連続して生じる病気です。 「潰瘍性大腸炎」の炎症は、直腸に起こりやすく、だんだん大腸全体へと広がっていきます。 びらん性といって、正常な細胞がないほど広範囲に発赤と出血、ただれ、が連続して起こります。 粘膜に炎症が起きると、粘膜がただれて、水分を吸収する機能も低下します。 そのため、白っぽい粘液が混じった下痢をしたり、患部が便とこすれて出血し、血便が出たりします。 さらに、目や皮膚、関節などにも炎症が生じ、合併症を引き起こすこともあります。 炎症の範囲によって、「直腸炎型」「左側大腸炎型」「全大腸炎型」に分けられます。

「潰瘍性大腸炎」は、”腸の喘息”のようなもので、症状がよくなったり悪くなったりするのを 繰り返すのが特徴です。ストレスがかかったときや、季節の変わり目、風邪を引いたときなど、 体調のちょっとした変化をきっかけに、症状が突然悪化することもあります。

潰瘍性大腸炎は、はっきりとした原因がわかっておらず、「難病(特定疾患)」に指定されています。 現在、原因としての可能性が指摘されているのは、体内に侵入した細菌やウィルスなどの異物を排除する「免疫」 の働きの異常などです。アメリカやヨーロッパでは以前からこの病気が多く、日本で若い人に多い理由として、 食生活の欧米化の影響も考えられています。

日本では、潰瘍性大腸炎の患者数がここ数十年で急増しています。 2003年の時点で、潰瘍性大腸炎の患者は、約9万人いると報告されており、まだ増加の傾向にあると考えられています。 また、発症年齢のピークは、男女共に20歳代ですが、50歳代以降に発症する例もよく見られます。


●潰瘍性大腸炎の症状

>

下痢などの排便異常が起こり、全身症状が出ることもある

潰瘍性大腸炎になると、まず「排便異常」が起こってきます。便が軟らかくなったり、水っぽくなります。 そのうち粘液が混ざったり、出血を伴う下痢が起こるようになり、排便の回数も増えてきます。 また、腹痛を伴うこともあります。多くの患者が、出血を伴う下痢の症状が、医療機関を受診するきっかけになっています。 炎症がひどくなると、「発熱、体重減少、だるさ、貧血」など、全身症状も現れてきます。 出血を伴う下痢と腹痛、強い全身症状が急に現れる場合もあります(劇症)。 潰瘍性大腸炎は、多くの場合、炎症によって症状が起きている「活動期」と、炎症が抑えられて症状が出ていない 「寛解期」を交互に繰り返すのが特徴です。


●潰瘍性大腸炎の検査と診断

排便異常などで消化器内科などを受診すると、問診で便の性状や排便の状況など症状の経過を聞かれます。 そして、直腸から内視鏡を入れて大腸内を調べる「大腸内視鏡検査」や、肛門からバリウムを注入して エックス線検査を行う「注腸造影検査」で、炎症や潰瘍の有無と程度を調べます。
次に、大腸の粘膜の一部をとって、炎症の状態を確認する「生検」を行ったり、 便検査で便に含まれる物質を調べたりします。生検や便検査は、「アメーバ赤痢」「サルモネラ腸炎」 「虚血性腸炎」、抗菌薬などによる「薬剤性腸炎」などの、他の大腸の病気と鑑別するために行います。
これらの検査の結果によって、潰瘍性大腸炎かどうかが診断されます。