急性膵炎

急性膵炎』は、膵臓に炎症が急激に起こる病気です。 お酒を飲み過ぎたり、脂っこいものを食べたりした数時間後に、「激しい腹痛」に襲われるのが特徴です。 みぞおちから左の腹部、肋骨の下辺りから背中にかけて、突き抜けるような激しい痛みが起こります。 急性膵炎は、医療の進歩で治ることが多くなっていますが、重症化すると死に至ることもあります。 突然の激しい腹痛など急性膵炎を疑う症状が現れたら、早急に医療機関を受診してください。


■「急性膵炎」とは?

膵液による自己消化で、膵臓が突然、炎症を起こす

膵臓は、みぞおちの少し下の胃の裏側にあり、長さが15〜20cm、幅は3〜4cm、厚さは1〜2cmです。 膵臓の主な役割は、消化液である膵液を分泌すること、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを分泌することです。 膵液は、炭水化物を分解するアミラーゼ、たんぱく質を分解するトリプシン、脂質を分解するリパーゼなどの消化酵素を含んだ消化液で、1日に1〜2g分泌されます。 食べたものは、胃で粥状になった後、十二指腸へ送られます。すると、膵臓の膵管から膵液が分泌されて食べたものが消化され、小腸から吸収されます。 膵液は本来、膵臓内では消化能力を持たず(不活性)、十二指腸に送られて初めて活性化します。 『急性膵炎』は、何らかの原因で、消化酵素が膵臓内で活性化して、膵臓自体を溶かしてしまう自己消化が起こり、 突然炎症が起こる病気です。

急性膵炎の治療を受けている人は、1年間に約6万3000人いると推定されており、30年前に比べて約4.3倍に増えています。 その原因として、食生活の欧米化による、脂肪やアルコールの摂取量の増加が考えられています。 男性は、女性の約2倍多く発症します。 30歳代から増え始め、男性は60歳代、女性は70〜80歳代に最も多く見られます。

【関連項目】:『膵臓』


■急性膵炎の原因

アルコールの飲み過ぎと胆石が原因になることが多い

男性で最も多い原因は、アルコール(46.2%)で、他に胆石、原因を特定できない突発性などがあります。 女性で最も多い原因は、胆石(40.3%)で、他に突発性、アルコールなどです。

▼アルコールが原因の場合
膵炎を発症する仕組みは、はっきりとわかっていませんが、次の3つの可能性が考えられています。
アルコールの影響で膵液の出口の筋肉が緩み、十二指腸液が膵管に逆流し、膵液が活性化し「自己消化」が起こります。 また、膵液の過剰分泌で膵液の出口の筋肉が痙攣し、膵液の流れが堰き止められ、膵管内の圧力が高まり、 膵液が活性化して自己消化が起こります。 さらに、多量のアルコールを摂ると、アルコールやその代謝産物であるアセトアルデヒドが、 膵臓の細胞を傷めつけることで膵液が活性化し、膵液の分泌が活発になります。 すると、多量の膵液が膵管を通るようになるため、膵液の流れが滞り、膵管の中の圧力も高まります。 その結果、膵液に含まれる消化酵素によって、膵臓自身が消化される自己消化が起こり、急性膵炎を発症すると考えられています。
アルコールをほぼ毎日飲んでいる場合、1日にアルコール40g(ビール500ml缶2本、または日本酒2合)以上で、発症する危険性が3.1倍に高まり、 量が増えるほど発症しやすくなります。また、女性は、男性よりアルコールによって、急性膵炎を起こしやすいことがわかっています。

▼胆石が原因の場合
消化液の1つである胆汁は肝臓で作られ、胆嚢に貯蔵されます。胆汁は、食事をすると胆管を通って十二指腸に出て、膵液と共に食べ物を消化します。 胆汁の成分が、胆嚢や胆管などで固まってできるのが胆石です。 胆石が十二指腸への出口に詰まり、出口を傷つけて炎症を起こすことがあります。 すると胆汁と膵管は出口が同じため、膵液の分泌が堰き止められ、膵管内の圧力が増したり、胆汁が膵管内に逆流したり、 胆管の出口から膵管に炎症が広がり、急性膵炎が起こります。
また、暴飲暴食などで胆石が落下し、乳頭部に詰まると、膵液の流れが妨げられて逆流が起きます。 胆汁が膵管に逆流することもあります。すると、膵管の内圧が上がり、膵液が活性化して膵液の自己消化が起こります。


■急性膵炎の症状

急性膵炎は、お酒を飲みすぎたり、脂っこいものを食べたりした数時間から半日後に、「激しい腹痛」に襲われるのが特徴です。 急性膵炎で最初によく起こる症状は、へその上からみぞおち辺りまで(上腹部)の激しい痛みです。 みぞおちから左の腹部、肋骨の下辺りから背中にかけて、突き抜けるような激しい痛みが起こります。 また、膵臓は背中の近くにあるため、背中や腰が痛むことがあります。 痛み方は重苦しく、だんだん強まっていきます。ひどい場合には、膝を抱えないとこらえられないほど、非常に激しく痛みます。 痛みは間断なく続き、強まったり弱まったりすることはありません。さらに、「吐き気」や「嘔吐」「発熱」を伴うこともあります。 その場合、体を丸めると痛みが和らぐことがあります。 そのほか、腸の働きが低下して、腹部の膨満感が現れることがあります。

急性膵炎の約20%が重症化して、炎症が膵臓の外にまで及び、血液循環や呼吸、腎機能などが低下する臓器不全が起こります。 また、冷や汗が出たり、血圧が低下してショック症状になったり、呼吸困難腎不全意識障害などが起こり、危険な状態になります。 消化酵素に壊された膵臓の組織から有害物質が血液中に流れ出し、腎臓、肺、肝臓、心臓などが 障害される「多臓器不全」が起こる場合もあります。 死に至ることもある非常に危険な状態です。 さらに、膵臓などの組織が感染症を起こして、壊死することもあります。 重症化すると約10%が死亡し、特に、70歳以上の高齢者では、命に関わることが多くあります。 ただし、急性膵炎の病態の解明や治療の進歩で、死亡率は下がってきています。 急性膵炎は急に重症化することもあるので、腹痛などの症状が出たら、早めに医療機関を受診することが大切です。 激しい腹痛が持続する場合は、救急車を呼ぶなどしてすぐ受診してください。