ジュアールティー(アフリカつばき紅茶)【活性酸素対策に】

ジュアールティー(アフリカつばき紅茶)』には、人間の身体に生じる有害な悪玉酸素「活性酸素」を防ぐ、 SOD酵素(スーパーオキシドディムスターゼ)が含まれています。 SOD酵素には、身体の老化抑制及び生活習慣病の予防改善、シミ、シワの改善などの効果があり、 健康雑誌に特集されて以来、大変な注目を集め、その評価もグングン高まっています。


■ジュアールティー(アフリカつばき紅茶)とは?

SOD効果抜群の健康茶

『ジュアールティー(アフリカつばき紅茶)』は、 緑茶や紅茶と同じようにツバキ科の植物(カメリアシネンシス)からできた紅色のお茶です。 ジュアールティーは、特定の環境下、若しくは地域で天然に近い状態で無農薬栽培しているので 大量に収穫することができません。 そのため、ジュアールティーは希少価値が高く、現地では「聖なるお茶」「最高位を持つお茶」などと称され、 古代アフリカの聖人や王族が病気を癒すために愛飲してきた貴重なお茶でした。

ジュアールティーが初めて日本で紹介されたのが1996年。 緑茶は焙煎、紅茶は発酵、烏龍茶は半発酵させてつくりますが、 ジュアールティーも発酵茶なので香りや色は紅茶に似ていますが、 カテキンなどのポリフェノールが緑茶の2倍以上も含まれています。 しかも、ジュアールティーの産地は赤道直下の高地で、過酷な環境に育ち、 その葉は自らを守るためにカテキンが発酵して、ポリフェノールの一種で、スーパーカテキンとも呼ばれている 「テアフラビン」(カテキンが2つ結びついたもの)などを生成します。 「テアフラビン」の含有量は他のお茶と比較すると緑茶の50倍、烏龍茶の30倍もあり、 極めて強力な抗酸化作用を示すことがわかりました。

また、ジュアールティーには、セレンやマンガン、カルシウムなどのミネラル、 ビタミンCやEといった抗酸化成分も豊富です。 とりわけ、鉄・銅・マンガン・亜鉛といったミネラルは、体内で活性酸素を消す働きをする酵素 「SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)」の生成に欠かせません。 ジュアールティーには、前記のような豊富な抗酸化成分が何種類も含まれており、 それらが相乗効果を発揮して、活性酸素の害を抑えてくれます。


●ジュアールティーの特徴

▼活性酸素を除去する抗酸化力
 
細胞の老化や生活習慣病は 「活性酸素」 が原因のひとつとされています。 活性酸素とは人間の身体に生じる有害な悪玉酸素のことです。 これが皮膚に起きれば皮膚のシミやシワ、内臓に起きれば内臓の病気、 血管に起これば動脈硬化やボケの原因になります。 ジュアールティーにはその活性酸素を防ぐ、 SOD酵素(スーパーオキシドディムスターゼ)が含まれています。

▼豊富なミネラル
アフリカの緑豊かな赤道直下の高地で栽培される「ジュアールティー茶葉」は強い紫外線を受け、 自らを守るために大地から積極的に栄養を吸収し、ミネラルを茶葉に蓄えます。 ジュアールティーは多量のミネラルを含み身体の新陳代謝を高めます。

▼ダイエットにも
ジュアールティーを飲むことで空腹や食べ過ぎを防いだり、 利尿や新陳代謝を促されるので肥満が気になる方にお勧めです。

▼中性脂肪やコレステロールに
体内のビタミンEとビタミンCの消耗を防ぐために役立つのがジュアールティーに 含まれるエピガロカテキンガレート(渋みであるタンニンの一種)。 全身の血液循環を良くするので中性脂肪やコレステロール値が気になる方にお勧めです。