免疫機能強化に『メシマコブ』

『メシマコブ』には他のどのキノコよりも強い、96.7%という腫瘍増殖阻止率があり、 その免疫強化機能はアガリスクや霊芝をはるかに凌ぐものとして注目されています。


■「メシマコブ」とは?

アガリスクや霊芝をはるかに凌ぐ免疫強化機能

メシマコブは、桑の木に自生するタバコウロコタケ科に属するコブ状のキノコで 漢方では「桑黄(ソウオウ)」と称し、薬用に供せられているようです。 「メシマコブ」の語源は「雌島(女島)こぶ」で、長崎県男女群島の女島に野生の桑が多く、 桑に寄生するこの薬用きのこが、大量に採れたことから名付けられたという説があります。 原産地は日本(本州以南)、フィリピン、オーストラリア、北アメリカ、中国等です。 メシマコブは、直径30cmの大きさに成長するまでに20年〜30年もの歳月がかかることから、 幻のキノコとして貴重に扱われてきました。


●メシマコブの研究報告

「メシマコブ」には他のどのキノコよりも強い、96.7%という腫瘍増殖阻止率があることが、 1968年国立ガンセンターの池川哲郎博士らが行なった実験で報告され、 その免疫強化機能はアガリスクや霊芝をはるかに凌ぐものとして注目されていましたが、 天然自生のものが非常に少ないことから、長らく表舞台に登場することがありませんでした。 しかし近年、人工培養されたものが製品化されるようになってきました。


●メシマコブの伝承の効能

「メシマコブ」等のキノコの薬効についての記載は、中国後漢時代(紀元1〜2世紀) の生薬学の書『本草網目』『中薬大辞典』『中国薬用真菌』『東洋医学大辞典』などがあります。
また、最近では、桑に寄生するタバコウロコタケ科キコブタケ属の「メシマコブ」 の抗腫瘍活性について記載した本も出てきています(古川久信『きのこ学』共立出版、1992)。