免疫力向上・抗癌作用に『ハナビラタケ』

ハナビラタケ』には、身体に対して有用なβグルカン(1−3)が非常に多量に含まれています。 βグルカン(1−3)は免疫力を高め、抗癌作用があるといわれ、 ハナビラタケには、βグルカンがアガリクス茸の3倍以上、メシマコブの約2倍含まれています。


■ハナビラタケとは?

アガリクスの3倍以上・メシマコブの約2倍のβグルカンを含有

『ハナビラタケ』は、韓国・日本・中国・北米・ヨーロッパ・オーストラリア等に自生する茸の一種で、 ハナビラタケ科に属する白いハボタン状の大型のキノコです。 学術名 Sparassis Crispa。世界に1科1属2種の存在が確認され、日本では1種だけが知られています。 ハナビラタケは、その形状がアジサイの花の様な姿・形で白い花びらのように見えることから 「花弁茸(ハナビラタケ)」と名付けれました。 日本では、関東以北の標高1000メートル以上の亜高山帯に分布し、夏から秋にかけてマツやモミなどの 切り株や枯幹の根元に発生します。ハナビラタケは希少性が高く、人目に触れることが少ないことから、 登山家やキノコ愛好者からは「幻のキノコ」として珍重されています。

そのハナビラタケが、現在脚光を浴びているのは、日本食品分析センターで驚異的な分析結果が出されたからです。 それは、当時収穫した天然物のハナビラタケ100g中にβグルカンが43.6gというアガリクス茸の実に3倍以上、 メシマコブの約2倍のβグルカンを含んでいることがわかったからです。 ハナビラタケ全体のおよそ半分がβグルカンで占められているのです。 さらに、ハナビラタケにはβグルカンの中でも注目されている「βグルカン(1−3)」が、 他のキノコに比べて数倍もの量が含まれており、免疫力強化を強力にサポートします。 今日まで、ハナビラタケを超えるβグルカン(1−3)の含有量のキノコは発見されていません。