BCAA(分枝鎖アミノ酸)

BCAA(分枝鎖アミノ酸)』は、必須アミノ酸のうち、バリン(Val)・ロイシン(Leu)・イソロイシン(Ile)の3種類のアミノ酸の総称で、 分枝鎖アミノ酸の英語であるBranched(枝分かれした)、Chain(鎖状の)、Amino(アミノ)、Acid(酸)の頭文字をとったものです。 バリン、ロイシン、イソロイシンは「枝分かれ(分枝)」した構造を持つため、「分枝鎖アミノ酸」と呼ばれ、全て中性アミノ酸の脂肪族アミノ酸です。 BCAAは、筋タンパク質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めているといわれいるため、スポーツ愛好家のエネルギー源として、 またコンディションケアとして大人気です。また、BCAAは、アスリートの方の筋力アップだけでなく、 疲労回復や肝臓が気になる人など、ふだんの生活を活動的に過ごしたい方にもお勧めの成分です。 BCAAは表1のように、大豆、肉類(特に鶏胸肉)、魚類(特にマグロ赤身)、チーズ、たらこに多く含まれています。


●表1:可食部100gあたりのBCAA量(mg)
食品名 たんぱく質(g/100g) バリン ロイシン イソロイシン 合計
大豆 35.3 1,800 2,900 1,800 6,500
たらこ(生) 24.9 1,600 2,500 1,500 5,600
プロセスチーズ 22.7 1,600 2,300 1,200 5,100
まぐろ(生・赤身) 28.3 1,400 2,100 1,300 4,800
鶏胸肉(皮なし) 22.9 1,200 1,900 1,200 4,300
豚ロース肉(脂身なし) 19.7 1,100 1,600 960 3,660
さんま(生) 20.6 1,100 1,600 950 3,650
いわし(生) 19.2 1,000 1,500 880 3,380
鶏もも肉(皮なし) 18.0 920 1,500 880 3,300
牛サーロイン肉(脂身なし) 18.4 750 1,600 880 3,230
鶏卵(全卵) 12.3 830 1,100 680 2,610
いか(生) 15.6 550 1,000 580 2,130
小麦(中力粉) 9.0 390 680 350 1,420
精白米 6.8 430 570 290 1,290
あさり(生) 8.3 330 520 300 1,150
牛乳 2.9 190 280 150 620
ほうれん草(葉・生) 3.3 120 170 95 385
キャベツ(葉・生) 1.4 47 49 31 127


■BCAAの生体での働き

分枝鎖アミノ酸は肝臓、腎臓、骨格筋、心臓および脂肪組織など、多くの場所で代謝されます。 代謝の活性を臓器で比較すると、膵臓、腎臓、胃は高いのに対して、骨格筋、腸、肝臓では低いことが知られています。 しかし、骨格筋は体重の35〜40%もの割合を占めていることから、BCAAの代謝器官として重要であるとされています。 体内でBCAAはまず細胞膜のトランスポーターによって細胞内に入ります。 最初の代謝は、可逆的なアミノ基の転移反応で、3種類のBCAAに共通な 分枝鎖アミノ酸アミノトランスフェラーゼ(@)によって起こり、 それぞれのアミノ酸に対応する分枝鎖α−ケト酸が生成され、ミトコンドリアの中に入ります。 さらにこの分枝鎖α−ケト酸は、分枝鎖α−ケト酸デヒドロゲナーゼ複合体(A)によって酸化的脱炭酸反応を受けます。 その後、各種の酵素反応を受けて、最終的にはアセチルCoAなどとなってTCA酸回路に入り、 エネルギー源となります。飢餓状態や糖尿病に陥ると骨格筋の分枝鎖アミノ酸代謝は亢進し、 Aの酵素活性が上昇することが知られています。分枝鎖アミノ酸の先天的代謝異常であるメープルシロップ尿症は、 Aの酵素が欠損しているため、BCAAや相当する分枝鎖α−ケト酸が蓄積してしまうことによって起こります。