田七人参【血流改善に】

田七人参』には、サポニン、 田七ケトン、有機ゲルマニウム、フラボノイドなどの成分が含まれており、ミネラルやビタミン類も豊富です。 特に、田七人参は高麗人参の数倍以上のサポニンを含んでおり、 中でも「ジンセノサイド」というサポニンは現在注目を集めています。 田七人参は、活性酸素を撃退し血流を改善することから、血流改善・高血糖対策に有効といわれています。


■田七人参とは?

サポニンが豊富に含まれている

『田七人参』は「ウコギ科」の多年生草本の植物です。 人参属の中では最も原始的なもので、2億数千万年前から存在している「最古の人参」とされています。 中国雲南省を中心として環境の厳しい高山の傾斜地のみに生育し、 3〜7年の期間をかけて土壌の栄養分を吸収しつくすほど、生命力あふれる植物です。

薬用としての田七人参は、もともと中国広西省の洞穴に自生してしていた植物を家栽化したもので、 種をまいてから3〜7年経たないと収穫できないところから、三七、田七、田三七とも呼ばれています。 原産地では古くからその薬効が知られていましたが、中国の医学に組み入れられた歴史は浅く、 16世紀に李時珍が著した薬学書「本草綱目」が初出です。 田七人参は、漢方では薬効が高い高価な生薬として知られ、別名「金不換」とも呼ばれており、 近年に至るまで中国では国外輸出が禁止されていました。

田七人参は、サポニン・田七ケトン・フラボノイド・有機ゲルマニウム・ステロール・鉄分・亜鉛・ ビタミン・各種ミネラルなど、多彩な天然成分がバランス良く豊富に含まれています。 田七人参は、止血作用と活血(血液循環の改善)作用という、一見相反する性質を併せ持ちます。 また、抗ウイルス作用、抗コレステロール作用、抗腫瘍作用があるとされるため、 虚血性心疾患や肝炎の初期治療薬として有望視されています。 さらに、田七人参は高麗人参の数倍以上のサポニンを含んでおり、 中でも「ジンセノサイド」というサポニンは現在注目を集めています。